""
正在加載......
バオ李企業株式会社-2.5D画像測定器
Bao-I_画像式測定機
画像式測定機
Bao-I_画像測定ソフトウェア
MetroImage 2.5D/3D画像測量プログラム
ImageView Pro画像検査
Bao-i_材料の比較特性
天然花崗岩と鋳鉄の材質の特性比較

首頁 > JP > Bao-I 商品 > 天然花崗岩と鋳鉄の材質の特性比較

天然花崗岩と鋳鉄の材質の特性比較

材質特性比較表

天然花崗岩

鋳鉄

比重

3000kg/m3

6600~7400km/m3

抗圧縮度

254MPa

50~120MPa

抗引っ張る度

10~40MPa

抗彎曲度

37.5MPa

21~68MPa

ポアソン比Poisson's Ratio

0.23~0.27u

熱膨脹値

5.7×10-6

(9.2~11.8)10-6

硬度

HRc58(Hs79)

HRc0~27.8(HB143~269)

共振ダンピング(減衰*vibration attenuation ratio

0.003(ゴムが1です)

0.001(ゴムが1です)

Reference: From JINAN NANO GRANITE PRECISION MACHINERY CO.,LTD of technology parameter chart

* 弾性体に引っ張り力を加えると、力の方向には伸びが生じますが、力と垂直な方向には縮みが生じま

す。力の方向のひずみを縦ひずみ、力と垂直な方向のひずみを横ひずみといいます。ポアソン比とは、

横ひずみ/縦ひずみになります。
*(質量不滅の定律により、物体が力を受けるとします、縦方向が小さくなります、横方向が必然的

に大きくなります)

 

プラットフォーム

花崗岩の抗圧縮度は鋳鉄の3倍のため、花崗岩を基礎としてのプラットフォームが耐圧度が高く変形しにくく良い平面精度を維持

鋳鉄の比重は花崗岩の2倍、また同じ体積、鋳鉄の重量は花崗岩の2倍になる、したがって花崗岩の使用で重さ軽減する

花崗岩の共振ダンピング(減衰)値は鋳鉄の3倍のため、精密測定器のプラットフォームに使います。さらに花崗岩が機械の共振で測定の安定性に影響することはない

機械主軸

花崗岩を材質としての主軸柱のため、前傾力からの変形もなくまたポアソン比もなく重心の設計の技巧を加え、主軸の垂直の直角度を永遠に保持可能

主軸柱の重心の設計は支える範囲以内のため、主軸柱は前に傾く心配がない

花崗岩には比較的低い膨脹値のため、温度変化による寸法誤差は鋳鉄の半分になる

花崗岩の共振ダンピング(減衰)値は鋳鉄より高いため、精密器は共振によりVisionTouch Probeの影響がなく、三軸の精度がさらに安定